ミトコリンがちゃんとした医学的権威の研究に基づいて
開発されたものだから安心安全。。。

とは言っても、基本、妊活サプリですからその中身というか
成分は気になって当然ですよね。

特に受精卵や精子に異常をきたす恐れがあるものがないか?
と、いうのは一番気になりますよね。

妊活サプリ『ミトコリン』にはいったいどんな成分が入って
いるのでしょうか?

それによる効果はいったいどんなものがあるのでしょうか?
詳しく見ていきたいと思います。

ミトコリンの成分

ミトコリンの全成分一覧は以下のとおりです。

(有効成分)

1.ブラックジンジャーエキス
2.マンゴージンジャーエキス
3.黄杞葉エキス
4.ヒハツエキス


5.HPMC
6.環状オリゴ糖
7.結晶セルロース
8.トウモロコシたん素
9.ステアリン酸Ca
10.二酸化ケイ素
11.カラメル色素


異常の10種類の成分で生成されていますが、
5~11の成分はカプセル自体に関する成分と
思われます。

主成分、いわゆる有効成分は1~4の成分が該当
するものとなります。

ではひとつずつ詳しく見ていく事にしましょう。

ブラックジンジャーエキス

ブラックジンジャーとは切断面が黒色なのが特徴のショウガ
科の植物です。
原産国タイでは「クラチャイダム」と呼ばれ、1000年以上も
まえから
パワーフードとして扱われ、滋養強壮や精力増強、
疲労回復、アレルギーなど様々な病気に対する万能薬として
信じられ、お茶やお酒などにして飲まれてきたようです。

筋肉組織を強くしたり、腰や膝の関節に円滑に栄養を与える
と役目を果たしているといいます。

(有効成分)
クルクミン、ポリフェノール、アントシアニン、アルギニン、
BCAA、必須アミノ酸、アスパラギン酸ショウガオール。

(効果)
中性脂肪
分解促進作用、脂肪燃焼促進、抗酸化作用、
血中コレステロール
低下、血流改善、抗炎症作用。

マンゴージンジャーエキス

マンゴーに似た香りと生姜の風味を持ったショウガ科の野菜。
インドでは古来より親しまれてきた植物でもあります。
インドの伝統医学のアーユルヴェーダでも健康への有効性が
説かれています。
インドではピクルスや香辛野菜として食卓に出されています。
ダイエット食材としても認められて研究が進んでいます。

(有効成分)
モノテルペン、ジテルペン。

(効果)
脂肪蓄積抑制作用、脂肪分解促進作用

黄杞葉エキス

黄杞葉(こうきよう)は中国の南部に自生する
クルミ科の植物です。
その葉は独特の甘みを持っており、中国では
僧侶が飲む高貴なお茶として1000年以上の歴史
を持っています。

(成分)
アスチルビン

(効果)
美肌作用、抗酸化作用、抗アレルギー作用、
膀胱機能改善作用。

ヒハツエキス

コショウ科のツル性常緑植物。東南アジア中心に、
黒コショウと同じくスパイスとして使用されています。

(有効成分)
ピペリン、ピペルロングミン、チャビシン

(効果)

血行不良や肩こり、冷え性などに効果的で、
血行を促進して脂肪を燃焼しやすくする。

血流改善基礎代謝向上体質改善

いかがでしたか?

4つの主成分はいずれも自然由来の成分であるので
遺伝子組み換えの作物からのものでもなく、

しかも古来から人間の生活に健康増進のために
取り入れられた安心安全なものばかりのようです。

そして最も気になる部分がその効果についてなのですが
まとめるとこんな感じです。

(効果)

1.中性脂肪分解促進作用
2.脂肪蓄積抑制作用
3.抗酸化作用
4.血中コレステロール低下
5.血流改善
6.抗炎症作用
7.美肌作用
8.抗アレルギー作用
9.膀胱機能改善作用

これらが成分からの主な効果となるわけです。
妊活に必要な体質改善だけでなく、

なんと!

 

ダイエット効果や美肌効果まであるなんて!

素敵すぎませんか?
細胞レベルから健康増進してなおかつ痩せられる!

これがミトコンドリアサプリのミトコリンの正体だったわけです。

まとめ

ペア妊活サプリの『ミトコリン』の成分が安心して利用して
いけるのでは?

悩ましい妊活と向き合うのにミトコリンもサポートできること
が多いのもお分かりいただけたと思います。

ですが、いいものだからと言って、全ての方にすぐにいい結果を
もたらすとは残念ながらいえないのも事実です。

しかし、ミトコリンを利用し続けることによって、体質改善が少し
でも向上するのであれば、それだけでも一歩も二歩も前進したと
言えるのではないでしょうか?

気長に細胞から元気になって行きましょう!